メンズ

マンション経営をしたい人のためのサイト!

管理業務は委託する方向へ

マンション

マンション管理を業務委託したときにかかった費用は必要経費にできるため、所得を減らすのに役立ちます。累進課税制度も考慮すると節税に使えることもあり、管理業務を負担に感じるケースも多いことから委託業務を増やす傾向が強いのが現状です。

マンション投資の種類

集合住宅

一棟と区分所有

マンション経営は一棟で経営する場合と、区分所有で経営する場合の二通りがあります。本格的なのが一棟のマンション経営です。通常マンションには複数の部屋があるので、満室になれば賃料収入が沢山あります。また、複数の部屋があると空室リスクが軽減します。一つの区分だけ所有してマンション経営をするのが区分所有投資です。区分所有投資は少ない投資でオーナーになって、マンション経営を始めることができます。ただし、空室になると賃料収入がゼロになるリスクがあります。空き室リスクに備えるには、複数のマンションを区分所有投資するのが有効です。また、複数区分所有投資することで、自然災害や火事などの災害リスクも分散できます。

リスクに備える保険

素人でもベテランでも、自分一人でマンション経営のリスクを最小限に抑えるのは大変なことです。そんな場合に便利な外部サービスがあります。マンション経営で一番不安なことは、空き室が出ることです。そんな空き室の不安を解消するのが、空室保証というサービスです。空室保証を契約すれば、万が一空き室が出た場合に一定の家賃が保証されます。一棟投資でも区分所有投資でも有効です。部屋が埋まっていても家賃を滞納されるリスクがあります。その場合には滞納保証があります。滞納保証は家賃を滞納されても一定の家賃が保険から支払われるサービスです。空室保証や滞納保証などを上手く活用することで、安定したマンション経営をすることができます。

空室に悩むオーナーの方へ

男女

家賃保証会社とは、家賃収入の保証をする会社のことです。空室が多い時、家賃の滞納がある時に、オーナーに一定の保証をし、賃貸会社の督促の手間を省きます。また家賃保証会社が連帯保証人となるため、入居者が保証人を立てずに入居できます。その結果入居者数の増加も見込めますので、空室に悩む時は特にお勧めです。

魅力あるページを作成する

女の人

airbnbは民泊を始める時に使うサイトですが、サイトの運営は代行業者に頼むことができます。メール問い合わせにも対応することができるので、顧客が利用しやすくなることも代行業者を使うメリットになります。