積み木

マンション経営をしたい人のためのサイト!

空室に悩むオーナーの方へ

男女

家賃収入を安定させます

家賃保証というシステムがあります。これはどのようなシステムかといいますと、空室や滞納のため、不規則になりがち、または減少しがちな家賃収入を保証するものです。賃貸物件の空室が多い、あるいは滞納があるという場合に、家賃保証会社が代位弁済することで、物件オーナーに安定した収入をもたらします。また、賃貸管理会社も滞納家賃の督促業務から解放されます。この場合、オーナーとは保証契約、入居者とは保証委託契約を結ぶことになります。もし入居者の家賃入金が遅れた場合は、まず家賃保証会社が立て替えた後で、一定期間内に、入居者が入金を行うことになります。保証委託契約を結ぶことで、家賃保証会社が、いわば連帯保証人の役割を果たすことになります。

入居者にも便利なシステム

この家賃保証会社がついた物件の長所は、オーナーには安定した家賃収入があること、そして管理会社には、本来の業務に専心できるということです。そして無論、入居者に取っても長所があります。それは、賃貸物件に入居する時に、連帯保証人を立てずに入居できるという点です。特に最近は高齢者の賃貸物件住まいが増え、連帯保証人がいない人が多いので、そのような場合に家賃保証付き物件は便利です。連帯保証人不要ということは、それだけ入居者が増えるということなので、オーナーに取ってもこれは朗報です。特に不動産を所有したのはいいが、なかなか入居希望者がいない、空室が予想外に多いという場合は、家賃保証会社と契約することで、空室に悩まずにすむようになります。